猫手政宗(ニャテマサムネ)を一人前の殿にするため、仙台の歴史や郷土料理、伝統工芸品、軍資金管理法などを伝授するコチュウロウの奮闘記

keifu

ニャテ家の系譜

 美波 「ところでコチュウロウ 

     どうして猫とネズミが仲良く国を治めていたの?」

 片倉 「美波殿、いいところにお気づきじゃの」

    「その話は、若殿の目の中のハートの輝きとも関連してくるのじゃが・・・」

 ニャテ「ふ~ん、僕も聞きたいな」

 片倉 「話は今から400年前、床上に住んでおられた伊達政宗様とその家来、

     片倉小十郎様が活躍した頃に遡りますじゃ」

 片倉 「伊達政宗様が仙台の青葉山にお城を築かれ、仙台の町を新しく作り始めた頃、

     この町の動物たちを治めていたのが初代猫手政宗(ニャテマサムネ)様

     じゃった」

 片倉 「この初代猫手政宗様はよく言えば勇猛果敢、悪く言うと悪逆非道、

     おのれの支配欲に正直に生きた大きくて強いまるで虎のようなお方

     じゃったそうだ」

 ニャテ「そんな人が僕のご先祖様だったの・・・」

 美波 「ニョンテンマル、いえ若殿とはえらい違いね」

 片倉 「そう、戦国の世は弱肉強食の世界。そうでなくては生きて行けなかったのじゃ」

 片倉 「やがて、その戦国の世も終わり江戸の徳川様の世になった頃、

     豊臣宗家をつぶしてしまおうとする戦争がおこったのじゃ」

 美波 「大阪冬の陣、夏の陣ね。 この前授業で習ったわ」

 片倉 「そうじゃ。 この戦には伊達政宗様や片倉小十郎様(2代目)も参戦、

     ご活躍なされたが、このとき敵方の勇将真田幸村様のご息女阿梅と次男守信が

     片倉家に保護されたのじゃ」

 片倉 「その阿梅さまが飼っておられた猫がさくら様と申し、それはそれはおきれいで

     慈愛に満ち満ちたお方であったそうな」

    「そして、さくら様の目の中にはハートの輝きがあったのじゃ」

 片倉 「やがてさくら様と初代猫手政宗様がめおとになり、生まれた2代目猫手政宗様

     の目にもやはり、ハートの輝きが現れたのじゃ」

    「それから代々ニャテ家の当主の目にはハートの輝きが現れ、

     慈愛に満ち溢れた善政を敷くようになったそうじゃ」

    「そのおかげで、わしら鼠族はもちろん、ほかの動物たちも

     仲よう暮らせるようになったんじゃ」

ニャテ 「それで、コチュウロウは僕の目を見て狂喜したんだね」

    「僕びっくりしちゃったよ」

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional