猫手政宗(ニャテマサムネ)を一人前の殿にするため、仙台の歴史や郷土料理、伝統工芸品、軍資金管理法などを伝授するコチュウロウの奮闘記

meibutu

コチュウロウの注釈

牛タンだけが仙台の名物ではござらぬぞ!

あんなものも、こんなものも、  でもやっぱり牛タンは美味いでござる。

仙台の名物・お土産

 まずはなんといっても仙台といえば牛タン! 牛タンの勉強からじゃ

牛タンの歴史とおいしいお店

仙台牛タン発祥の店

仙台牛タンのはじまり

 牛タン焼は「太助」の初代佐野啓四郎が昭和23年に仙台の中心部に牛タン焼の専門店を開いたのが始まりじゃ。

 佐野が東京で料理修行をしていた20代の昭和10年頃、フランス人シェフのいる洋食屋でタンシチューを口にし、生れてはじめて牛タンの味をかみ締めたのじゃ。

 しかし、和食の料理人として修行中の佐野はこのままでは日本人の口には合わないと感じ、いろいろと試行錯誤を重ねた結果行き着いたのが今の仙台牛タン焼だったのじゃな。

仙台の分厚い牛タンの秘密とは

 牛タンはまず、タンの表皮をむいて厚めにスライスして隠し包丁をいれ、塩・コショウを振って一枚ずつ積み重ね、ラップで密封して一晩から数日間冷蔵するのじゃ。

 これは肉を熟成させて旨味を引き出すためじゃな。 そして十分に熟成させた牛タンは炭火にかけた金網の上でさっと焼かれるのじゃ。

 このように手をかけることで歯ごたえがあるのにジューシーで柔らかい牛タン焼が出来上がるのじゃ。

一般的な牛タン定食とは

 一般的な牛タン焼定食は、牛タン焼、テールスープ、麦飯、青唐辛子の味噌漬(白菜やキュウリの漬物の所もあり)がセットになっているのじゃ。

 牛タンは高たんぱく食品であり、白髪ネギのたっぷり入ったテールスープはコラーゲンをたっぷりと含んだスープで、麦飯は食物繊維が豊富に含まれておる。

 この牛タン定食こそ現代人に必要なミネラルや栄養素をたっぷりと含んだ健康食そのものなのじゃ!

おすすめ牛タン店

◎太助

 元祖店です。 味太助と旨味太助があります。 観光シーズンには行列が出来ます。 場所がちょっとわかりにくいのと、狭っ苦しいのが我慢できれば味は折り紙つきです。

 2店あるのは、偉大な先代が亡くなった後よく起こる例のあの騒動ゆえです。

◎利久

利久の牛タン定食

 ネット上では一番有名なお店でしょうか。 牛タンは厚みがあるのに柔らかく、柔らかいけれど程よく歯ごたえもあり、脂も乗っていて人気が出るのもうなずけます。 私の職場でも一番人気です。

 店舗は仙台市内にたくさんあるので最寄のお店でどうぞ。

◎伊達の牛たん本舗

 極上芯たんが超おすすめ。 芯たんとは、たんの根元のごく少量しかとれない肉でいうところの霜降り部分です。 ちょっと値段は張りますが、それだけのことはあります。 限定品なのでお早めに。 

 ここの店構えは洋食屋風きれいなので、子供連れでも女性同士でも気楽に入れます

◎その他肉食系おすすめ

・新料理 都留野  牛たんのタタキがお勧め
・大胡椒      仙台牛のステーキを食べるならここ
・かつせい     とんかつならここの特ロースカツ 

仙台駅3階に''牛たん通りすし通り''という飲食店街があります。
こちらに「利久」「伊達の牛たん本舗」や、三陸直送の新鮮な魚介類を使った旨いすし屋が並んでいます。
*駅2階の観光案内所でここのパンフレットをもらうと100円引きのクーポンが付いているので立ち寄ってから行くといいですよ

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional