八木山小学校の通学区の住所や評判・口コミ、いじめ対策、どんな街?

八木山小学校の評判・口コミ、通学区域 仙台の学校

八木山小学校の評判・口コミ、通学区域

仙台市太白区にある

仙台市立八木山小学校(やぎやましょうがっこう)

 

この八木山小学校の概要

  • 児童数や学級数
  • 通学区域
  • 口コミ・評判
  • いじめ対策について
  • 学区内の町の歴史

など紹介しています。

近々小学校に上がるお子さんがいる方、転勤で仙台にいらっしゃる方、ご参考にしてください。

猫手政宗
猫手政宗

八木山には動物園や遊園地もあるぞ

スポンサーリンク

仙台市立八木山小学校の児童数、学級数、進学中学校

  • 住所:仙台市太白区八木山本町1丁目40-1
  • 電話:022-229-2107
  • 学級数:21(1学年2~3学級、特学5学級)
  • 児童数:509人
  • 進学中学校:八木山中学校
  • 最寄りバス停:八木山小学校前から徒歩2分
  • 最寄り地下鉄駅:八木山動物公園駅から徒歩10分

八木山小学校沿革

  • 昭和46年仙台市立八木山小学校として開校

※生徒数・学級数データは令和元年

他の仙台市内の小中学校全般について見てみる

八木山小学校の通学区域

下記の住所が「仙台市立八木山小学校」の通学区になります。

太白区

  • 青山1丁目
  • 青山2丁目2~27
  • 青山2丁目28-17~29
  • 青山2丁目45~45の終り
  • 恵和町28~28-10
  • 恵和町28-35~28の終り
  • 恵和町41~41の終り
  • 桜木町
  • 西の平2丁目3~6
  • 松が丘
  • 八木山香澄町33~35
  • 八木山東1丁目1~2-23
  • 八木山東1丁目9~17
  • 八木山東2丁目6~6-26
  • 八木山東2丁目7~29
  • 八木山本町1丁目
  • 八木山本町2丁目
  • 若葉町
  • 長町字越路

八木山小学校のいじめ対策について

いじめに関しては、親として非常に気になるところです。

しかし、実際に八木山小学校に子供が行っている親でも把握するのは難しいのが現状です。

こちらでは、

仙台市立八木山小学校が出している

「いじめ防止のための対策」

としてどんなことを行っているのか紹介します。

 

仙台市立八木山小学校 いじめ対応について

※リンク先の中にpdfファイルもあります。スマホで見れない場合は、Adobe Acrobat Readerなどpdfファイル表示アプリをご利用ください

八木山小学校の評判・口コミ

八木山本町の郵便局近くにある小学校です。友達とその子供たちで、小学校で開催される夏祭りに伺いました。校庭が校舎よりも低い位置にあり、階段もありますが長いすべり台で下りる事も可能で、ひさしぶりにすべり台で遊ばせていただきました。子供達は休み時間など楽しく過ごせそうな学校だと感じた私でした。(2017)

スポンサーリンク

 

八木山に古くからある伝統の小学校。 地域密着で近くの八木山動物園とベニーランドの為に連休期間中は駐車場を開放してくれてます。 地下鉄東西線の影響で新しい家も多く出来ていて、これから益々賑わいそうですな。(2017)

 

創業は昭和46年で、既に45年程経過しており、 多くの卒業生を排出しています。 仙台市内の学校の中では校庭が広く、長い滑り台もあります。 夏になると、近隣の町内会主催の盆踊り大会が開催されます。(2017)

 

昭和46年の八木山小学校は、八木山動物公園の南東500mほどのところに位置する小学校です。
この地域は山を切り開いて造成された古くからの住宅地で、付近は多くの急な坂道が多い地区でもあります。
学校敷地内の周囲は斜面が多く、大きな高木が随分と植樹されていますね。
校庭内も校舎と敷地地盤面が2段になっている他、裏手の道路も高いところにあり、校舎の2階が玄関になっています。
付近の施設の協力を得て、動物公園や茂庭浄水場への郊外学習がカリキュラムに組まれています。(2016)

引越し手続き・転校手続きについてはコチラの記事をどうぞ

八木山小学校学区内の町の歴史

伊達政宗が作った城下町仙台は、

仙台城を出て広瀬川の大橋を渡り大町(現藤崎百貨店のあるマーブルロードおおまち)を東進する東西幹線と、

城下町建設に伴い導入した南北幹線の奥州街道(現国分町通り)を基軸に、

碁盤の目状に町割りが行われました。

また、街は

侍(さむらい)の住む「丁」ちょう

と、

足軽、町人、職人が住む「町」まち

にはっきりと区別されていました。

 

八木山

八木山の名前は明治・大正のころ仙台の中心部で紅小間物商を営んでいた豪商八木家が、越路山(こえじやま)と呼ばれていたこの丘陵一帯を購入したたため八木山と呼ばれるようになりました。

紅久(べにきゅう:遊園地の八木山ベニーランドの名前にも入っている)という商号で紅小間物商を営んでいた八木家は、4代目久兵衛氏の時に多角経営に成功し、仙台財界の重鎮として君臨、貴族院議員を務めていました。

久兵衛氏は越路山を買い取って運動場や遊園地を作り、当時国民病と指定恐れられていた結核予防に役立てようとしましたが志半ばで病に倒れます。

昭和に入って5代目の久兵衛氏が4代目の遺志を継ぎ、現在の価値にして約35憶円の資材を投げうって開発に取りかかり、2本の幹線道路や竜の口渓谷に架かる吊り橋、野球場などができあがります。

現在野球場のあった場所には八木山動物公園がありますが、戦前日米野球がここで行われ、ベーブルースの放ったホームランボールの落下地点に石碑が立っています。

 

 

八木山小学校の

概要、通学区、いじめ対策、評判・口コミ

および

学区内の町の名前の由来について紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました